自律神経失調がおならを招く原因

自律神経失調がおならを招く原因になっていることをご存じですか?
おならが臭い、良く出るなどは、下痢や便秘などの症状が関係しており、健康な人でも起こりますね。ですが、おならで悩んでいない人の症状は、一時的で慢性的に悩まされることはありません。

 

 

その為、おならが頻繁に出る、臭いがくさいなどで悩んでいる人が精神的に追い詰められることも多いものです。
また、おならと深い関係がある過敏性腸症候群が起こるきっかけは、心理的ストレスが関係していることが多いとも言われており、そのことがおならの症状を悪化させていることも少なくないでしょう。

 

 

そして、健康な人でもストレスでおならの原因となる下痢や便秘が起こりますが、それというのもストレスを感じる脳と、症状が現れる消化管は自律神経によって繋がっており、示し合わせたかのように症状が出るのです。

 

 

自律神経には、交感神経と副交感神経があり、交感神経は通常、活動を促すように働き、副交感神経は活動を休めるように働きます。
しかし、胃腸や膀胱などは、呼吸などの機能と違い副交感神経によって働きが活発になることから、運動や仕事などをしている時には、消化吸収や排便などが起こりにくいのが普通です。

 

 

ところが、ストレスなどによって視床下部からの指令に狂いが起きると、自律神経が正常に働くなり運動や仕事中でも大腸や膀胱などが活発になることがあります。いわゆる自律神経失調の状態です。

 

 

この状態の時には、胃腸はもちろん、自律神経が支配する様々な器官の働きも乱れが起きます。そして、おならの回数が多い人の大半は、 緊張や恐怖を感じる場面ではなくても、それと同様、 又は、それ以上のおならをしてしまいます。
実は、それは自律神経が大きな原因となっており、それが間違った命令を出してしまっているために、 必要のない場面でもおならをしてしまうのです。

 

 

なお、あなたが何気にとっている日頃の行動の中に、おならを誘発させる行いがあります。 知らず知らずのうちに、自分からおならを引き起こす原因を作っているのです。

この中谷誠二さんの15日間おなら体質改善プログラムでは、そのことをわかりやすくひも解いており、自宅でお金を掛けずに根本的に改善することが期待出来ます。

 

もう悩まない、苦しまない、悲しまない!

 

オナラ体質改善!15日間簡単プログラムの詳細を見てみる