おならの原因となる便秘解消の大敵はコーヒー!?

おならの原因となる便秘の解消の妨げとなることに、コーヒーや紅茶の飲みすぎなどもあることをご存知ですか?
コーヒーには整腸作用があることから、おならの原因になる便秘解消には良いと思っている方も多いかもしれませんね。

 

 

そもそも、腸内環境が悪くて便秘になると、体内で不用になったものが腸内で長い時間滞留するようになり、その結果、腸内で悪玉菌が繁殖して便を腐敗させて有毒ガスがを発生させてしまいます。

 

 

これが、おならなどの悪臭の原因と言われており、「プッ」とおならをしたら、自分でも驚くほど臭かったという経験をしたことがあるでしょう。
気をつけていても、おならは生理現象なのである程度は仕方ないでしょうが、問題なのは、やはり臭いではないでしょうか?

 

 

そして、くさいおならや悪臭便を防ぐには、腸内環境を整えたり便秘解消することですが、それにはたくさんの水をとるのが良いと言われています。
とは言え、水分なら何でも良いと言うわけではありません。

 

 

特にコーヒーや紅茶を1日に5〜6杯も飲む人もいらっしゃいますが、返って便秘を解消するどころかおならが酷くなってしまうことがあるんですね。

 

 

そもそもコーヒーや紅茶、緑茶、炭酸飲料などに含まれるカフェインには、利尿作用があり、便秘を解消しようと思ってこれらからたくさんの水分を摂ったつもりでも、尿として排出されてしまい、体内の水分が不足してしまうのです。

 

 

例えば、コーヒーを1杯飲んだなら、その2倍程度の水分を摂らないと、水分不足になって、便秘の改善どころかおならの原因ともなる便秘を悪化させることにもなりかねないのです。

 

 

したがって、ミネラルウォーターなどカフェインなどを含まない水を1日に1.5〜2リットル飲むようにすれば、腸内に留まっていた硬い便も、水分を含んで徐々に柔らかくなり体外に出やすくなります。
便秘が改善されれば、臭いおならや便もおのずと解消してくるでしょう。

 

 

このように、おならの改善のために良かれと思っていたことや、毎日何気に口にしている食事が返って症状を悪くすることもあるので、おならの改善の為の正しい知識を持っことが大切です。

 

 

おならを改善する正しい知識をお教えします!

 

オナラ体質改善!15日間簡単プログラムの詳細を見てみる