おならの状態で腸内環境の良し悪しが分かる

あなたは自分の腸内環境が健全だと思いますか?
おならで悩んでいる人なら腸内環境の良し悪しはとても気になるものですが、それを判断するのに最も分かりやすいのが便やおならの状態です。

 

 

それには、まずは便秘をしていないことがあげられますね。その上で便の色、臭い、硬さ、形、量のの5つをチエックしましょう。
理想的なのは、幼児に見られるような黄色ですが、大人ならそれより濃い黄褐色が健康な便と言えるでしょう。

 

 

臭いはある程度するものですが、それが極端に臭かったり、ツーンと鼻をつく刺激臭は異常と言え、腸内環境のバランスが狂って悪くなっていると言えるでしょう。

 

 

硬さ、形、量に関しては、日本人なら直径2〜3cmの小ぶりなバナナ状のものが標準で、それが抵抗なしにでるのが理想的です。
そして、おならも腸内細菌で作られると言え、臭いおならの元はアンモニア、インドール、硫化水素、スカトールなどで、これを作り出すのは腸内の悪玉菌です。

 

 

特にウエルシュ菌は、タンパク質をアミノ酸に分解し、強い臭気を持った有害物質を生成することから、これが臭いのきついおならの原因にもなり、肉類を食べ過ぎたり便秘した時など、腐ったような臭いになるのはそのせいです。

 

 

また、悪玉菌は腸が老化すると増えてくることから、臭いおならが続くということは実年齢より、腸年齢がずっと歳をとっていると言え、同年齢であっても大きな個人差があり、自分の腸の老化度を判断するバロメーターのひとつとも言えそうです。

 

 

したがって、回数や量が適度で、強い悪臭がないようならあなたの腸は健全と言え、私たちの健康度や老化度は、腸内にもっとも正確にあらわれるのです。
ところが、あまりにも頻繁におならが出たり臭いようであれば、人前でそれが気になっておなら恐怖症になることもあります。

 

 

精子的なストレスも腸の活動を鈍らせますから、おなら恐怖症と言うストレスが、更におならの状態を悪化させるという悪循環になってしまうのです。
そこまでいかなくても、自分のおならの多さや臭いの強さに悩んでいる人もいらっしゃるでしょう。

 

 

このような、人にはなかなか言いづらい悩みを抱えているのは辛いものですよね。
おならの悩みを解消するには、まずは腸内環境を健全に保つことが大切で、それには食生活を正して、歩くなどの適度に体を動かしてストレスを解消することが基本です。

 

 

いずれにしても、おならの原因の一つとして考えられるのものは長期にわたる生活習慣からくる胃腸の退化です。
回数や量が増えたり、強く臭うのは、便秘はもちろん、食生活の乱れなどにより腸の働きが鈍り、腸内で異常発酵が起こっている為です。

 

 

この中谷誠二さんの15日間おなら体質改善プログラムでは、腸内洗浄や整腸剤などの薬を使うことなく、誰でも出来る簡単な方法で根本から治療することが出来ます。

既に多くの人が体質改善して、不安のない快適な生活を送れるようになっています。

 

既に500人以上の方が短期間で効果を実感しています!

 

オナラ体質改善!15日間簡単プログラムの詳細を見てみる